飲食店、出店する前にここに気をつけろ!周辺環境のチェックポイント。

こんにちは、Z’sです。

今まで自分が仕事で得たことを他の人に共有できればと思い、

新しいカテゴリーに取り組むことにした。

長い間、飲食店の経営、立ち上げに関わってきたのでそのことをシリーズにして書いていこうと思う。


今回は駅近の繁華街という立地条件で出店を考えている場合、ここはチェックしようというポイントをいくつか挙げていく。

*今回は一番よくあるケースで、経営者はオーナーシェフという設定にする。

Pexels / Pixabay

駅近物件の勘違い

よくある勘違いで

駅の近くだから集客力があるという考え。

もちろん駅から近いほうが新規のお客様は取り込みやすい。

しかし駅から近ければ必ず多くのお客様が来店するかというとそうではない。*(ターゲットや客単価の考え方は違う回で詳しく説明していく)

たとえ改札口を出てすぐのところに出店しても来客数が少ないことだってある。

思い浮かべてほしい。

もし出店計画通りに経営がうまく行っているのなら、エキナカや駅近のあの店この店が撤退するのか?

多くのお店が入れ替わってる。

駅だけでなく百貨店のレストラン街や複合施設でも同様だろう。

駅近でも集客出来ないことがある。

今このブログを読んでいて出店を考えている人はおそらく、駅近ではなく立地的に更に不利な場所に出店を考えているだろう。

正直に言えば、これなら大丈夫だと言う立地は誰も言えない。

大企業がどれだけ綿密に調査を行っても失敗することがいくらでもある。

伝えれるのは最低限これだけはクリアしてないと上手くいく確率は相当ひくい!

というポイントだ。

ここだけはクリアしてなければならないポイント

出店する立地の近くの、次のお店の混み具合を見てほしい。

ランチ営業の場合

  1. コーヒーチェーン
  2. パチンコ店
  3. 立ち食いそば
  4. コンビニ

見るべきポイント

  • 混雑の程度
  • お客様の種類( 単価 )

コンビニや立ち食いそばが混雑⇒最低単価の見込み客がいるという事。

高単価のお店を考えている⇒食後のコーヒーを飲む人をチェック

除外する場合⇒食事をしている
⇒仕事など他のことをしている

コーヒーだけのお客様は高単価ランチの顧客になる可能性が高い。

3時~5時のコーヒーショップ、パチンコ店の客数

周りの張り付き人口や訪れる営業マンなどの流れを予測する材料として使える。

平日と土日祝で分けて観察する

特にオフィス街は平日の混雑とは想像もつかないほど閑散としたり、

平日はそれほどでもないのに土日にイベントがあったりして混雑する場合もあるからだ。

上記の件を満たしている人数が多ければ最低限の条件は満たしているを言えるだろう。

ディナー営業の場合

  1. 大手居酒屋チェーン(または寿司、焼き鳥同様)がほぼ出揃っているか?
  2. 個人店にも一通りお客様が入っているか。
  3. 駅に向かう人と駅から帰ってくる人の比率。

見るべきポイント

大手居酒屋チェーンがある程度揃っていればある程度需要がある。

ただ個人店にほとんど入っていない場合がある。個人店は大手より付加価値で勝負している。個人店客数が少ない場合、周辺張り付き見込み客の客単価は低いかもしれない。

周辺の環境も重要だ。住宅街なら家賃、オフィス街なら企業規模。家賃が安かったり企業規模が小さな会社が多いと客単価は安くなる傾向が強い。

人の流れも重要だ。一概には言えないし駅それぞれのパターンがあるので流れをしっかり観察しよう。

例)一人暮らしの多い駅なら流れは駅から外へ広がるパターン。会社近くですでに飲んでいるか、直帰してきたら一人で外で食事するか、コンビニで買って帰るパターン。この場合、単価が高い、インスタ映えする、テーブル席が多い、雰囲気が良すぎるなどは帰ってネックになることもある。

ここまで見た条件はクリアしてる場合

客数はある程度は見込まれる。

ただしこれはあくまで最低条件。

自分の目で時間をかけてしっかりと観察し想像力を働かせて下さい。

オーナーシェフの場合、とくに厳しい修行をしてきた人ほど味に自信があるのでこの事前の調査を怠る傾向が強いです。

その結果、顧客が出来る前に資金がショートする傾向が強いです。

張り付き見込み客数は言い換えれば、多ければ多いほど顧客になるまでの時間が少なくて済むという事です。

メニューは変更できるが物件は一度オープンしてしまえば変えることが出来ません。

この最低限のポイントチェックするせずに店をつぶしてしまうオーナーシェフが大勢いらっしゃいます。

過信せず物件選びは慎重に慎重を重ねてください。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください