[初心者必見]ボルダリングジムに最適。2足目のおススメクライミングシューズ 3選

こんにちは。

久しぶりのボルダリングネタ。
最近のクライミング熱はすごいですね。
東京オリンピック種目に選ばれてからは流行物といっても過言でないくらいですね。

そろえる道具がこんなに少ないスポーツも珍しい。だからこそこだわりたいアイテムがクライミングシューズ。

わたくし、もともと靴が大好きなせいもあって、いわゆる大人買いという事でおこづかいをほとんどつぎ込み、2年間で30足ほど購入し、外でジムでと履いてきました。

その経験を活かしてシューズをこれから買おうと考えている人の参考になればと思い、ブログに書くことにした。
一足目のシューズを買うまではかなり思い切りが必要だが、その壁を超えるとすぐに2足目が欲しくなるという人が多いと思う。
やはり、マイシューズはいいもので、自分のものだとガゼンやる気が出てきて、今まで以上にクライミングが好きになる事間違いなし。
ぜひ自分のシューズを買う事をお勧めする。

初心者一足目のシューズに関する記事はたくさんあるのでググって見て欲しい。
ここでは簡単に紹介だけにとどめる。


一足目シューズ

一足目のシューズの種類は限られてる。
主な一足目のシューズを挙げると

  • スポルティバのタランチュラ
  • 5.10のモカシム、ローグ、アナサジベルクロ、
  • スカルパのフォース

その他を挙げればまだあるが上記がこてこての王道だろう。
(カタナ、デファイ、ジャッカルなど)。

ちなみにアンケートなどで一位にランクインするモカシムはあまりお勧めしない。
理由としては、レザー使用の物はコブラにしろパイソンにしろ、買うときは伸びることを想定してかなりキツメのものを購入して伸びきったときに丁度いいサイズになることを計算する必要がある。
しかし、痛さになれていない初心者がスリッパタイプを選ぶと緩めなサイズを選んでしまい、レザー故すぐに伸びてしまい、ゆるゆるになってしまう。

逆にタイトにしすぎてとても痛さに我慢できず買い直す人も多い。
結果としてすぐに2、3足目を買うハメとなる。

スポルティバのタランチュラをすすめるショップも多いがこれもおススメ出来ない。
理由はソールが固すぎて足裏でホールドに乗る感覚がいつまでも発達しないからだ。
全体に作りがハードすぎるのだろう。

個人的にはローグが一番バランスがとれていて良いのではないかと思う。

ただし、一足をながーく履いてそれなりのグレードまではシューズを買いたくない方はアナサジベルクロ(旧作はC4ソールのタイプ)が良いだろう。

新作はC4ソールのみ。


それでは本題の2足目におススメのシューズ【3選】

➀5.10 ハイアングル

名作中の名作。

一昨年のワールドカップでは上位3位中2名が履いていた逸品。

レザーを使用しており、5.10の傑作ソール、C4を使用。ハイグレード課題を登れるにも関わらず初心者でも履ける懐の深さは他を圧倒している。

ターンインはきつくない。

ダウントゥも指が痛くてたまらないというほどでもない。掻き込みはバッチリ。

ヒールフック、トゥフック共に決まります。

ソールは最初硬めだが履きこむうちにちょうど良くなる。

アッパーもレザーなので足に馴染んできます。

初心者の方で伸びる前の痛みが我慢できないかも知れません。そのような方は新作のシンセティックタイプで最初からジャストサイズを選んだ方が良いかもしれません。

小さめ( ハーフサイズ伸びる)

耐久性 ☆☆☆☆

フリクション ☆☆☆☆

トゥ ☆☆☆☆

ヒール ☆☆☆

掻き込み ☆☆☆☆

足裏感覚☆☆

②スカルパ インスティンクトVSR

スカルパの名作インスティンクトVSのソールがXgrip2使用となり、少し柔らかめの作りで、更にジム使用なったタイプ。

独特のトゥラバーはフックがバッチリ決まり滑らない。

シンセスティック素材で伸びないので最初からジャストサイズで履ける。

しっかり立ち込め、かつ足裏感覚も良い。

ジャストサイズ( 伸びない)

耐久性 ☆☆☆

フリクション ☆☆☆

トゥ ☆☆☆☆

ヒール ☆☆☆

掻き込み ☆☆☆

足裏感覚☆☆☆

③スポルティバ スクワマ

少し前、ソリューションと言えば野口啓代ちゃんだったのが気づけばスクワマになっていた。伊藤ふたばちゃん含めプロでも履いてる人が多い。

今季はウーマンモデルも出てヒールが大きかった人には嬉しい限り、人気のほどが伺える。

ソールはXgrip2でノーエッジなので足裏感覚は良い。セパレートなのでダウントゥしているわりに足入れはよい。

ヒールはソリューションと同じ球体で点で置く感じ。

こちらもワールドクラスレベルから中級者まで懐の深いシューズとなっている。

ジャストサイズ( 伸びない)

耐久性 ☆☆

フリクション ☆☆☆

トゥ ☆☆☆

ヒール ☆☆

掻き込み ☆☆☆☆

足裏感覚☆☆☆☆


以上、おススメの三足を挙げてみた。

選んだ基準は二足目といえどかなりの高グレードまで対応でき、且つ二足目で、足がまだ出来ていない方でも無理なく履けて、タイトに攻め過ぎなくても、充分カバーしてくれるような秀逸なものを選んだつもりだ。

一足目の初心者シューズからこれらのシューズを履くとかなり性能の違いを実感できるだろう。

トゥ課題、ヒール課題、乗り込み課題など特に顕著だ。

1グレードくらいレベルアップするかも!?

それでは素晴らしいクライミングライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください